トップ

学校の面接対策をしよう

学校の受験の知識

留年

学校の面接は普通で十分です

様々な学校の受験では面接があります。高校受験でも二日目に行われるところがあります。対策用の書籍も数多く売っていますし、塾でも専門のコースを持っているところがあります。世の中がそうまでして受験生に教え込もうとすると、生徒は、難しい、落とされるのではないかと心配になってきます。しかし、そんなことはありません。学校の面接は普通が一番です。質問に対して上手に答える必要はありません。自分の考えていること、自分お気持ちを素直に表現することが大切です。言葉遣いだけは気をつけて、事前に練習した方がいいでしょう。

面接で大切な事とは何か

学校を受験する際には推薦でも一般でも面接が行なわれるのが普通ですが、大切なのは志望動機と入学後の事について考えておく事です。もし入学できたらどんな事を頑張りたいか、そしてたくさんある学校の中からなぜここでなければいけなかったのかという点については必ずといっていいほど聞かれますので、現時点の自分の考えを簡潔に伝えられるようにすると良いです。身だしなみについては事前に指導もありますが、ハキハキとした声ではっきり受け答えが出来るようにします。大人の面接と違って、黙秘権を使いたくなるような意地悪な質問はありませんが、どんな質問にも対応できるようになると合格の道も見えてきます。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の面接対策をしよう. All rights reserved.